Primaの歴史 


 1977年創業のPrima(プリマ)。小さいスペースから始まったお店が盛業を遂げます。
Walnut Creeku 地区の1522 North ストリートにヴァーランダーズ夫妻のマイケルとジャネットがちょっとしたフードコーナーを設けたのがきっかけでした。
サンドイッチや、チーズ、暖かい食べ物が置かれ、その横に数種類のワインを並べお店を開いていました。
そんな中、オーナーのマイケルはワインに強いパッションを抱き始め、当時注目を浴び始めていたワインのブランドをお店に並べます。
世界中で話題になった、1976年にフランスで開かれたパリスの審判(フランスで開かれたイベント。カルフォルニアワインがフランスワインよりも素晴らしいとワイン評論家の中で評価されたワインのテイスティングイベント)もあり、カリフォルニアワインは今まで以上に注目を浴びます。マイケルは地元のカルフォルニアのワイナリーを次々と訪問し買い付けます。当時、Duckhorn、Silver Oak、 Kistler そして Au Bon Climatなど活気があるワイナリーで、それらのオーナーとも関係を深めていきます。Douckhornのワインで有名なThree Palms がありますが、当時そのファーストヴィンテージを1本14ドルで販売するなどヴァーランダーズ夫妻の持つフードコーナーのワインはどんどん充実していきす。

 80年代後半にヴァーランダーズ夫妻はイタリアのピエモンテ州へバケーションをする機会がありました。バローロ地区にあるLa Morra の丘にあるレストラン、Belvedereでお食事をしてる時にこのピエモンテ州での飲食の経験をWalnut Creekで再現したいという強い気持ちを抱きます。
カリフォルニアに戻り、早速スペースをカフェサイズまで広げ、お店の名前に 『Prima Café, Prima Trattoria e Negozio di Vini 』(カフェ、居酒屋、ワインショップ)と名付け、後シンプリにPRIMAとしました。

 ヴァーランダーズ夫妻は1994年にJohn Rittmaster氏を迎えます。彼は後Primaのオーナーとなり、またワインディレクターとしてPrimaを継続させます。
5年後の1999年にPeter Chastainをシェフとして迎えそれぞれに得意とする専門分野でPrimaのリプテーションを上げ、地元の人達がとても注目するお店となりました。

 2005年にワインディレクターのJohnとシェフのPeterがチームを組み、ヴァーランダーズ夫妻からPrimaを買います。今まで通りイタリアンなオリジナリティーを保ちながらも、メニュー、ワインセレクション、スペースを改善しグレードアップし、ワインリストには1300種類ほどまでに広がります。イタリアンワインを中心に、地元のカリフォルニアはもちろん、他州、他国の銘柄も多く取り揃え飲食の評論家からも高く評価されるお店となりました。

 オーナーのジョン氏とピーター氏は若い時に日本で生活をしていた経験もあり、日本語の読み書きはネイティヴ並み。繊細な日本の食文化、ワインの歴史が根付くイタリアの食文化を合わせ、カリフォルニアでレベル高いサービスを提供し続けます。英語も日本語も通じるこのお店に是非ご来店下さい。

 

JOHN RITTMASTER オーナー兼ワインディレクター
PETER CHASTAIN オーナー兼ヘッドシェフ
JORDANA AREY ゼネラルマネージャー
TOM O’CONNOR 飲料ディレクター
FRANK ROTHSTEIN ソムリエ・ワインショップマネージャー
PETER ANDREWS ワインセールス・マーケティングマネージャー
MATTHEW  BROWN ワインセールス・ソムリエ
BRAD BRANDT ワイン発送手配
MIDORI IWAMOTO   日本・アジア全般 ワインセールス・マーケティング
   


40yr-logoalpha.png
お店紹介動画